ウォーターサーバーをレンタルで利用できる水の宅配購入システム

浄水や天然水を宅配で購入する事によって、ウォーターサーバーの無料または格安のレンタルをするシステムが一般家庭に普及しています。

 

大半のウォーターサーバーは、一般的に冷水と90度以上のお湯が簡単に汲める仕組みになっています。

 

規定の容器に入った水をセットすると、サーバーが自動給水を行い、一定の温度に保ってくれます。

 

自動で水を補給する電気ポットのようなものです。

 

お湯の方には、子供の事故等を防ぐための簡単なロックがかかっていて安全だということもあり、病院や薬局、理美容室の待合室などでもよく見かけます。

 

ウォーターサ―バーを利用すると、1?〜2?程度の冷水やお湯が24時間いつでも利用できるようになります。

 

帰宅してすぐや、急な来客にもあわてることなく、お茶を入れることができます。

 

使用タンクが見える構造のサーバーでは、水の残量が一目でわかりますし、タンクか見えない場合でも、簡単に確認することが出来ます。

 

 

ウォーターサーバーは購入することも可能ですが、無料または格安の費用でレンタルして使用することもできます。

 

レンタルしている会社から水を購入することによって、ウォーターサーバーの格安レンタルを可能にしたシステムです。

 

レンタルすると、メンテナンスや故障の場合に相談ができたりと、維持していくのにも便利です。

 

1回の宅配量は24?以上からが一般的です。

 

浄水や天然水をまとまった量で宅配することで、余計な負担をなくし、店舗で買うのと変わらない値段で提供することができます。

 

つまり、特定の浄水や天然水を定期的に使用してもらう代わりにウォーターサーバーを提供するというシステムになっているのです。

 

大概は、定期的に決まった量を宅配してもらいます。

 

足りなくなった場合には、都度追加で注文を頼んだりして調節します。

 

最低限の使用量は必要となりますが、定期的な宅配量やスパンは調節可能です。

 

会社によって取り扱っている水の種類やウォーターサーバー、宅配手順はさまざまですので、用途、家族構成などを考慮して選びます。

 

例えば、赤ちゃんのミルクに使用する場合や飲料の他に、調理など幅広く使用する場合には、安全で安定的な浄水を選んだり、味にこだわって天然水を選ぶのも自由です。

 

ダイエットに適した硬水、日本人に合っていると言われている軟水などから選べる会社もありますので、使用頻度や予算も考慮したうえで、生活環境に合ったレンタル会社を選ぶと良いでしょう。