自宅でウォーターサーバーをレンタルしてミネラルウォーターを宅配する利点

東北大震災の際、原発事故に伴い、ライフラインの水として自宅にミネラルウォーターが多く使われるようになりました。

 

ミネラルウォーターとは地下水が原水となっていてペットボトルで販売されたり、最近ではクリニックやスーパーに設置されて上部が水タンクになっていて手動でボタンを押すと温水や冷水が出てくる給水、給湯器、これをウォーターサーバーと呼んでおり、よく見かけるようになりました。

 

人間の体は約60%が水で出来ていると言われ、1日に必要な水分摂取量はおよそ2リットルだそうです。

 

水分については色々な方法で体内に取り入れていくわけですが、特に健康志向が上向きな現代では、より新鮮な自然なものを口に入れる傾向が強くなっており、水も例外ではありません。

 

水道水のカルキ臭やまた水道水に含まれる物質や微生物など長期的な健康に対する被害を考え直接飲みたくないと考える人も最近では多くなり、自宅では浄水器で水を出す方法もずいぶん普及されましたが、さらに良いとされるミネラルウォーターになったわけでこれについては自宅の蛇口からはでてこないので購入しなければなりません。

 

近年のペットボトルの内容量も様々ですが、スーパーでたくさんの量を購入する際や設置されているウォーターサーバーからミネラルウォーターをボトルに入れて持ち帰りするなど以外に労力が入り、またペットボトルに関しては使い捨てといえどもラベルをはがしてリサイクルに出したりと多少の手間もでてきます。

 

そして幼児や高齢者においてはふたを回して開ける時も力をうまく活用できない困難な場面もたくさん見受けられます。

 

こんな中で水を宅配する会社からウォーターサーバーをレンタルして自宅に設置する方法がでてきました。

 

持ち運びは店員に任せられて定期的にミネラルウォーターを自宅まで宅配してもらえ、またウォーターサーバーの使い方もボタンひとつだったりするので誰でも安易に使用できます。

 

なお、水道水をろ過したろ水とか味を重視した天然水を利用して自宅で電気を通すことによってサーバーで熱したり冷やしたりできるしくみになっているのでいつでも個人の好みで選べます。

 

家族の人数にもよりますが、1本12リットル入りを2本の宅配で約1か月の2人の利用容量が2000円から4500円くらいになっており、ペットボトル1本500mlが約45円から90円くらいで市販のペットボトルよりずいぶん安いことがわかります。

 

また、ウォーターサーバのレンタル料金については取扱い店舗によりさまざまです。尚、現在そのレンタル宅配事業を行っている企業は約50社近くあります。